シャフハウゼンにおける時計製造のパイオニア

時計産業が有名なスイス。そのほとんどのメーカーはジュネーブを代表とする西側のフランス語圏に位置します。しかし、唯一の例外ともいえる街がドイツの国境にほど近いスイス北東部にあるシャフハウゼンです。この街に時計士の一家として生まれたハインリッヒ・モーザーは1828年に、自身の名を冠したブランドH.モーザーを設立しました。ビジネスの先見性もあったモーザーはロシアを拠点に成功を収め、故郷であるシャフハウゼンの産業発展にも尽力をつくし、今でもその存在は神格化されています。

  • リアル・マニュファクチュール

    H.モーザーはスイスでもごく僅かな存在となる時計の心臓部”ヒゲゼンマイ”を含む脱進器全体を自社内で製造する体制が整っており、他社にも供給するほどその信頼性は高く評価されています。当然のことながらH.モーザーに搭載されているムーブメントのすべては各時計のデザイン・機能に合わせて自社で設計・開発されたもので、汎用ムーブメントを使用することは決してありません。


唯一無二の独創的な時計

  • 【実用的な機構】

    モーザーの時計には実用的なコンプリケーションが多々搭載されています。代名詞であるインターチェンジャブル・エスケープメントは修理の際に、最も手間のかかる脱進機をユニットごと交換できる世界初のシステム。またパーペチュアルカレンダーはリューズひとつで常時日付の前後進み戻しができるユーザー本位の操作性が高く評価され、ジュネーブ・ウォッチ・メイキング・グランプリを受賞しました。


  • 【最高級の文字盤】

    ヴィンテージテイストを感じさせる「フュメ」と呼ばれるグラーデションカラーをはじめ、モーザーの美しい文字盤は一流ブランドが顧客に連ねる名門サプライヤー・フルッキガー社製によるもの。手作業で複数回にわたりカラーリングされる文字盤は、同じものが二つと存在しません。