NXONE GINZA

ストラップにもリシャール・ミルの哲学を。

2019.12.23


腕時計のストラップは実に様々な種類がある。

一般的に、高級時計には金属タイプやレザーストラップを合わせるのが主流ではないだろうか。


そんな中、リシャール・ミルの専用ストラップの中で人気なのが

【ラバーストラップ】だ。

1,000万円以上する腕時計に、カジュアルなラバーストラップ?と驚かれた方もいるだろう。

だが、その意外な組み合わせが新鮮かつ時計の持つ魅力に非常にマッチしているのだ。


ということで、今回のテーマは腕時計の魅力をさらに引き出す名脇役「ストラップ」についてである。

リシャール・ミルの腕時計のケースは、すべてのモデルが

人間工学を考慮した丸みのあるラインでデザインされている。

オーナーの方々はお分かりだろうが、そのために着用の際この上ない装着感が得られるのだ。



これは、”理想のストラップ”を制作する段階でのチャレンジでもあった。

どれだけ素晴らしいケース本体があっても、

ストラップの装着感一つで今まで積み上げた長年の研究開発を台無しにしてしまう可能性だってあるのだ。


だからこそ、市場の他の主要メーカーとは一線を画すリシャール・ミルならではのブランド哲学で、

腕時計に備わるストラップやブレスレットの開発を重視してきたのである。



リシャール・ミルのラバーストラップは

”デザインと装着性”の双方を重視している。


リシャール・ミルにとって最も重要な課題は、

物理的・技術的・またスタイルの面で、

ケースのアウトラインとフォルムを完璧に融合させることにあるのだ。


リシャール・ミルのエンジニアは、ブランドの掲げる高い品質基準に適するよう、

ラバー混合剤の成分についても綿密な研究を積み重ねた。

2006年に発売された最初のストラップはブラックだったが、

その後の開発の末、現在のような多彩なカラーバリエーションに至っている。


これらのストラップは見た目に楽しいだけでなく、

約20kgまでの力学的耐久性を備え、非アレルギー性であるため

敏感肌のお客様にも安心してご使用いただける。



また種類はラバーのみならず、ベルクロやエラスティック、

メタル素材のオープンリンクや定番のアリゲーターやシルクなど、

さまざまなバリエーションで時計を気軽に衣替えすることができる。

(*モデルによって使用可能なストラップは異なるので注意)



時計との調和を大切にし、全体的な外観も損なわないリシャール・ミルのストラップ。

そこにはエンジニアたちのこだわりや、

リシャール・ミルの腕時計に対する哲学が詰まっているのである。



特集一覧へ