NXONE GINZA

見えるもの、見えないもの。

2020.02.29

腕時計には「仕上げ」と呼ばれる作業が必要だ。

ムーヴメントで言えばペルラージュやコート・ド・ジュネーブ、

外観で言えば面取り加工やブラッシュ加工などが例となる。



一般的にこれらの作業は、時計が持つ精度に全く影響を与えない。


こうした伝統的な時計製造で使用される仕上げ技術は、持ち主の楽しみのためや高級感の演出、

ムーヴメント外観の視覚的な美しさを際立たせるために存在しているのである。



だが、中には時計の精度に関わる面もある。


例えば部品のバリ取りを施したり、様々な歯車やパーツを研磨することは、

部品の摩擦や摩耗を最小限に抑える目的があるのだ。


そのために、最先端の機械を使用し、また熟練の研磨職人が仕上げを施していくのである。





これは高級スポーツカーの製造の段階で行う仕上げと類似している。


手の込んだ職人技に支えられた部品もあれば、

視覚的で、触覚に訴え、技術的な特徴を追求する”完璧な機械加工”に頼る部品もあるからだ。



こうした別々のアプローチを組み合わせる方法は、リシャール・ミルの全ての時計に採用されている。



カーボンナノファイバー製地板や、通常のスケルトン仕上げのチタン製地板およびブリッジのような部品は、

機械加工によって完璧な形で製造され、そしてその仕上げは、

最も技能が高い人間が加工しても敵わないような、全く欠点のないものとなる。



一方で、ケージを含めたトゥールビヨン脱進機は、全体でわずか0.34gの重量に対して85個もの微小部品から構成されており、

顕微鏡を使った何時間にも及ぶ手作業の仕上げのみならず、

何時間もの組み立て前準備を経て、やっと時計職人がムーヴメントに使用できるようになるのだ。

リシャール・ミルの腕時計の独自性は複雑な機械構造、デザイン、着け心地の良さにある。


しかし忘れてはならないのは、数世紀にわたり培われてきた伝統的な手作業による仕上げの技術である。


手作業による研磨は果てしない忍耐を必要とする作業だ。

複雑なムーブメントにもなると、400以上からなる各構成部品の細部に至るまで、熟練した研磨職人が容赦のない目で一つ一つを仕上げていく。

ビス、ブリッジ、トゥールビヨン・キャリッジ、香箱蓋、スプリング、針、そしてケースに至るまで、

リシャール・ミルの腕時計を構成する主要なパーツには手作業による仕上げと装飾が施される。





全てのパーツは時計の持ち主の目に入らないかもしれない。

しかし性能を最適なものにするためには、手作業による丁寧な仕上げが必要不可欠だ。


一方、ケースの研磨職人も完璧な表面を求めてブラッシュ加工やポリッシュ加工に何時間も費やすが、

こちらは恐らく持ち主が毎日目にし、持ち主を楽しませてくれることだろう。



この段階で行われているこれらの作業は、部品が製造されてから、時計制作で最も時間を費やされるものだ。

見えるものにも見えないものにも、リシャール・ミルはこれからも究極のクォリティーを求めて時計を作り続けていく。



特集一覧へ
ADDRESS / HOURS

東京都中央区銀座8丁目4-2
11:00AM~7:00PM
(定休日:火曜)

TEL 03-3573-7277
FAX 03-3573-7279

ACCESS
店舗詳細を印刷する Google Mapで見る